社労士試験の合格後

社労士,合格後

社労士の試験に見事に合格することができたら、いったいどんな未来が待ち受けて いるのでしょうか?

社労士の合格後は社労士として登録の手続きをすることになります。これは費用や 時間はそれなりにかかりますが、そんなに難儀な内容ではありません。
このときに勤務型か開業型かを選択することになるでしょう。

社労士は合格後に、開業型のほかに勤務型という種類がある点でユニークです。
勤務型は企業に入社(もちろん、正社員としてですね)して、その企業のために 社会保険や労働法に関する知識を生かして勤務することになります。
勤務型の社労士の職場が大量に保証されているのではありませんが、 安定した身分と収入を期待できる道が用意されていることは、合格後の社労士にとって とてもありがたいものになるでしょう。

もっとも、開業後の社労士にしたって、安定した道が開かれていないなんていうわけでは ありません。社労士合格後に開業型を選ぶと、もちろん開業に失敗する恐れはありますが、 他の資格で開業をするときと比較してとても有利になります。

現在、全国各地で社労士の出番はたくさんあります。社会保険制度が大きく変貌している 最中ですし、不景気のため社会保障や労働法の適用を求める勤労者もざらにいる時代です。
社労士合格後に開業型を選ぶと、企業からの契約をつかまえにいくだけでももちろんたいへん ですが、行政の手助けをする仕事はしばしば公募していますから、しばらくの間それらの 仕事をこなしながら経営を安定させていくことができます。合格後は、社労士の予備校等で 指導をする仕事をもらう手もありますし、セミナー等に呼ばれてちょっとした講演をする仕事も あります。合格後の社労士は、現在のところかなりいろいろな手を使って生き延びて いけるのです。

不景気であっても小さな企業は全国各地で毎日のように誕生していますから、顧問契約を つかまえることは実際の話それほど困難だとはいえません。何よりも、社労士は期限の 定めがない顧問契約を結ぶことができる資格です。
毎月決まった収入を受け取れる資格なのですから、他の資格よりも格段に恵まれています


合格後の社労士は、現在その資格を活用して活動していく方法が多数あります。
できるだけ早く合格を遂げて、その素晴らしさを実感してほしいと思いますね。