社労士の試験範囲の広さ

社労士,合格

社労士の試験に合格を果たすことは、なかなか一筋縄ではいかないことは間違いありません。
そのことは前のページまででよくお分かりになったことかと思いますので 社労士の合格を目指すうえで、詳細なアプローチを果たす意味も込めて、ここでひとつ 社労士の試験科目を念入りに見てみましょうか。

社労士の試験科目は、現在は以下のようになっています。

試験科目

択一式科目

選択式科目

労働基準法及び労働安全衛生法

10問(10点)

1問(解答は5つで5点)

労働者災害補償保険法
(労働保険の保険料の徴収等に関する法律 を含む)

10問(10点)

1問(解答は5つで5点)

雇用保険法
(労働保険の保険料の徴収等に関する法律 を含む)

10問(10点)

1問(解答は5つで5点)

労務管理その他の労働に関する一般常

10問(10点)

1問(解答は5つで5点)

社会保険に関する一般常識

10問(10点)

1問(解答は5つで5点)

健康保険法

10問(10点)

1問(解答は5つで5点)

厚生年金保険法

10問(10点)

1問(解答は5つで5点)

国民年金法

10問(10点)

1問(解答は5つで5点)

合計得点

70点

40点

社労士の試験科目も、毎年ないし数年おきに、科目のカテゴライズや点数配分が変化を 繰り返していますから、今後も少しずつ変わっていく可能性が高いことをご了承ください)

最新の平成24年度の試験では、「社会保険に関する一般常識」と「厚生年金保険法」は 特に難しく、ここで1点2点の違いで社労士に合格できるかできないかの分かれ目を迎える 受験者がかなり多くなるだろうといわれています(救済が入りそうだとは予測されていますが それでも社労士に合格できないで終わる人のほうが多いでしょう)。

社労士の試験に臨むに当たっては、試験の全範囲を漏れなくカバーして、合格のために 徹底的に受験対策を完了させておきたい、なんて思うのが普通ですが、 よく落ち着いて想像してほしいのは、法律というものの量の多さです。六法全書なんて、 普通の人たちはめったに目にすることはありませんが、何回か繰り返し読まないと意味を 理解できないような文がやたらめったら並んでいます。教科書を買えば試験範囲についてもっと わかりやすく解説してくれますが、範囲が広いため教科書を読むだけでも多くの人たちは 難航します。社労士の合格は、まず出だしから最高の勉強用の環境にしないとうまくいかない まま終わってしまうでしょう。社労士の合格を引き寄せられそうな勉強の方法の大切さを 認識してから、次のページへ進んでください。